スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

業務連絡

光り失くしつつある黒い月の使徒を援護するべく白い月より使徒が降臨・・・
麺道隊の救世主として?今週末よりRさん(不良隊員)が閃きブログの
「GT-Rの目の付けどころ」で援護射撃されるようです。

http://gtr24.blog71.fc2.com/

関係者の皆様~宜しくです
スポンサーサイト

味千ラーメン 老司店

どこへ食べに行くか~新規開拓パート2
前回と同じくyahoo!電話帳でチエックしてると「味千 老司店」が目に止まる。
ひさしく熊本の味千ラーメンを食べてないから懐かしくもあり決定する。
駐車場がないので雨が降るなかですが離れたところにパークして店に向かう。
ほぼ満員のなかに座れる場所を確保できたので座ろうとした時に隣のラーメン
を見て違和感・・・肉みそがのっかている?
とりあえずメニューからチャーハンセット(台湾ラーメンとチャーハン)を頼むと店主
が中華鍋をガチャガチャといわせながらチャーハンを作り出し、奥さんと思われる
人が台湾ラーメンを作りだしました。
で、ほぼ同時にラーメンとチャーハンが出てきたのが好感度バツグンかなぁ。

台湾ラーメン
s-P1000167.jpg

s-P1000166.jpg

麺は玉子麺ですがコシがあるのでデンプン粉(さつま芋とかタピオカとか)が加味されてるようです。
写真では解りにくいですがモヤシの下には元気の素といえる赤い唐辛子が3本ほど隠れていて
これが結構な辛さでアクセントになってますがチャーハンとも相性がよくて食が進みます。
醤油と鶏がらがベースのスープも肉みそがアクセントになって旨さがあります
寒いときにはポカポカと元気が出てくる一杯でした。
s-P1000168.jpg

s-P1000169.jpg

s-P1000170.jpg

食べ終わって店主に気になった熊本の味千ラーメンとの関係を聞くと全然関係ないとの事でした。
それと帰って会社の人へココの店で食べたと言ったらドォーモに出てくる斉藤 ふみの実家だと
教わりました。

味千ラーメン 老司店
福岡市南区老司2丁目6-35


ロシアンルーレットレンズ(JUPITER-9 )

今日は風邪気味で寒くもあり一歩も外に出なくて30年前に購入したロシア製レンズの
調整をやって過ごしてました。
これは当時としては格安で手に入る明るいレンズだったので即、購入したのですが届い
たレンズを見てガッカリしたのが、このJUPITER-9でした。まず、レンズ玉が今まで見た事
がないスッピンでコーティング(乱反射とかを防御)が無いものでしたのでチャチに見え、
撮影しても芯がなく、ピントも甘かったので一度使ってお蔵入りしたレンズです。
購入した店へ問い合わせたらロシア製は当たりハズレがあるとのことで満足できるのは
10本位買わないとダメとかの対応にロシアンルーレットレンズと叫んだものでした。
それが北九宴会で初めてお会いした百鬼丸目線のブログをやっておられる太助さんと
話してるときに、このレンズ使って撮影したものをブログにあげてますとの事でしたので
早速に拝見させて頂くといい感じの写りだったので押入れから引っ張り出してきたのです。
それで掃除もかね分解して調整らしきものを試みました。
で、テスト撮影ですが寒いので外には出たくなかったので、無農薬ほったらかし蜜柑(笑)
とかを使って撮影してみました。

85mm F2 (ソフトな写り)
s-mikan.jpg


85mm F5.6 (芯がある)
s-j9f81476.jpg

結果は良くなって使えるレンズになったようです。
でも、このレンズは本当に面白いです。絞りを変えることによって劇的に描写が変化します。
もちろん他のレンズだって描写は変わりますが、ここまでなのはなかなか無いかも…
まるで違うレンズのようです。
しばらくはハマってるでしょうねぇ^^;

南区のチャンポン 

野間にある「大ちゃんラーメン」のチャンポンです。
大盛りの野菜を年季が入った女性がガシャガシャと鍋で炒めてる姿を
3分ほど玄瑛劇場ばりに眺めていれば出来上がってきます。
ちょっと甘いスープに程好く炒められたキャベツ、もやしが旨い!!
チャンポン 530円
s-P1000155.jpg

大ちゃんラーメン
福岡市南区野間2-6

対するのはリンガーハットの霜降り白菜チャンポンです。
各地にありますが、ほとんど訪問することが無いところですが直火調理を
続ける高宮店には不埒な考えもあって定期的に訪れてるとこです。
こちらも女性が野菜をカシャカシャと鍋で炒めますがチェーン店なので作り手が
変わるので生温ったかい白菜、ぬるいスープとかが出てくるので要注意です。
それも、旨く作るイチオシだった花の料理人が辞められたようです。
良いときは白菜のシャキシャキ感と甘み、柚子汁の酸味がある好きなチャンポンです。

霜降り白菜チャンポン 500円
s-P1000142.jpg

リンガーハット高宮店
福岡市南区玉川10-9
11:00~22:00(日祝~20:30)

空間

寒いけど山畑へ
ゆっくりとコーヒーを沸かしながらノンビリとしてるとピーピーとさえずりの声が梅の木から
聞こえてきたのでカメラを向けて撮ってみました。

ジョウビタキ(ピンボケ)
s-IMGP1451.jpg


??
s-IMGP1455.jpg


よしだ家

寒いですねー!!!今年は、久しぶりに冬の寒さや北風の冷たさを実感する今日この頃です。
このところラーメン屋へ行くのに無難に美味しかったところへリピーターとして出向くパターンのぬるま湯行脚ばかりでしたので新規開拓してみるかとYahoo!電話帳で探してみました。
城南区長尾の「よしだ家」という名前で意味無く決定する。
s-P1000139.jpg

店前の道を通るときにラーメンのコッテリした匂いがただよってますので期待できるかもぉ~

s-P1000140.jpg

ラーメン400円(2月より値上げの張り紙が貼ってありますが)
出てきたラーメンのスープは白濁でデフォで胡麻がかかってます。丼を持った手が豚骨臭くなってるからコッテリかと思ったけど意外とアッサリの軽めの味わいに肩透かしでした。
化調も効いてるのか甘くもあるけど好きなスープです。
s-P1000141.jpg

麺はストレートの細麺で潅水の臭いはありますけどシコッとして綴ることができました。

福岡市城南区長尾4-24-10
よしだ家
定休日:日祝休み

花蕾

小倉戦場にて狂気は心を支配することなく花蕾のまま散る
客観的幸福なんてもの自体幻想なのだと
幸せは常に主観的だと分かるが・・・小倉の夜に幻想視る


s-IMGP1428.jpg


いっぷくラーメン

土曜日に念願の北九州にある芭蕉庵の蕎麦を食べることができ満足したものだから
もう一軒の宿題店である熊本市にある「いっぷくラーメン」へと行く模索をしてましたら・・・
連れから何か大津にある店で天草大王の玉子を売ってるからとの話を持ちかけられたものですから間髪入れずに合わせを入れたらガッチリとかかりましたので公務ということで久しぶりの熊本に。
今日はいっぷくラーメンのHPにあった今月の限定麺である「黒つけ麺」が目的です。
ちょっと早めに入店したので店主であるラーテンさんに話を伺うことができ暫しの麺談義ができ良かったです。
出てきた「黒つけ麺」は粗挽き蕎麦と見間違うほどの外見ですけど食べてみると当たり前ですが食感は別物です。小麦粉は国内産それも九州産らしいです。
麺は今まで食べてきたつけ麺には無いツルツル感が強くプッチリと切れる感じで喉ごしがいいですね。
それと全粒粉独特の甘味が感じられました。
タレはトンコツベースですがアッサリしてるよ~で実は濃厚!ゴマ味もうっすらと感じましたけど最初は麺がタレと分かれてるような味わいでしたが上手く後追いでタレが絡んできて旨かったです。

600円(180g 普通)
s-IMGP1429.jpg


s-IMGP1431.jpg


s-IMGP1430.jpg


s-IMGP1432.jpg


s-IMGP1437.jpg


熊本市田迎町田井島221-1
いっぷくラーメン
11:00~16:00、18:00~22:00
土日祝は中休みなし/不定休

北九宴会

s-IMG_kokura1.jpg

祝勝&残念宴会

参加の麺々の方のおかげで楽しく酒を飲めました。
北九州では初めての宴会でしたが次回からは泊まり覚悟で行くぞぉ
電車内のヨッパでじっと我慢の2時間がちかれたぴー


芭蕉庵

やっと念願の北九州市八幡東区にある芭蕉庵へと行くことができました。
アールさん、いつも案内役して頂き有り難うございます。深謝!
11時ちょっと過ぎに入店だったので、どうも一番乗りだったようです。
小上がりに座ってメニューから「せいろ」と「粗挽き」を注文するかぁと
話してる間にも次から次へと客が入り人気ぶりが伺えます。


s-P1000143.jpg

s-P1000144.jpg

今日の蕎麦粉は福井県丸岡産のようです。
早速、せいろを綴ってみると、噛み込むとむっちりしており噂にたがわなく旨い!
そしてツユがこれまで食べてきた蕎麦屋のなかでも抜き出てまして奥深い味を
堪能することができました。
おしむなくば丸岡産の上品な香りが無かったのが唯一残念でした。
s-P1000145.jpg

s-P1000146.jpg


s-P1000147.jpg


北九州市八幡東区尾倉2-7-10
芭蕉庵
定休日:日・祝日
営業時間:11:00~14:30

このあと
何処に行くのかは、、、つづく・・・

静寂と狂気

狂気は心を支配し、やがて訪れる静寂は、荒れ果てた戦場に吹く風のように冷たい・・・

s-IMGP1407.jpg


s-IMGP1399.jpg


食事処 壷八&た~ちまやぁ

福岡市南区にある豚珍館ラーメン屋の隣にあるお食事処 壷八。
一公が閉店して週末にスポーツ新聞が迎えてくれてアレコレと遊戯会の順位選びに没頭
させてくれるところとして週末には巣になってるところです。
この日は昼定食メニューである野菜炒めうどん。
アルマイト鍋が歴史を物語っていますが寒いときですので熱々うどんが食べられます。
野菜炒めは油切れが良く、スープとの相性がよくて野菜の旨みが充分に出てますし少し
テロッとしたうどんに半熟玉子を溶かして食べると美味しかったです。
焼き鯖定食とかカツ定食などに日によって変わりますが、どれもガッチリ食べることが
できまして550円です。
s-P1000127.jpg

s-P1000128.jpg


食事処 壷八
福岡市南区向野1-4-9
定休日:日曜日

HENO HENOさんのブログで知った「た~ちまやぁ」に沖縄そばを食べに・・・
沖縄返還となる前の、まだ車は右側通行の時代に約1ヶ月ほど那覇市に留まったときに
会社近くにあった食堂で初めて沖縄そばなるものを食べたときの豚肉をベースにした醤油味
で臭い、脂濃い、木灰を使って手打ちしているモソモソ麺などとインパクトが強烈で最初は
半分も食べられずに一緒だった うちなーぬ、いなぐんぐぁ(沖縄の女の人)に笑われてしまい
ました。
ココのはへのさんが書かれているように女性客を意識したオシャレ系の沖縄そば。
もう一度、ガッツンとインパクトのある沖縄そばが食べたいです。
s-P1000133.jpg

沖縄そば650円+大盛り100円

た~ちまやぁ
福岡市中央区赤坂1-6-23 11:30~13:30(火~土)&17:00~24:00
定休日:日祝
プロフィール
主に福岡地方(福岡市、筑後方面)の麺主力の食べ歩きのブログです。

あたし

Author:あたし
あたしのログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。