スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

道の駅 七城メロンドーム

s-オニギリ


友人から菊池の農家に米の買い出しに行くべぇと誘い受けたので行ってきました。
ここの米は江戸時代から旨いお米の代名詞と言われた、幻の菊池米。

豊かなわき水と花崗岩からなる土壌と工夫を凝らした技術によって香り高く甘味と食感のある美味しいお米ができるとの事です。
しかも、農家直販だから安ぅ!!
メロンドーム

帰りにメロンドームにある食堂でチャンポン。
ニンニクがシッカリと主張するスープに朝取りキャベツがシャキシャキしてるのが旨い!
それに変な旨味が無くて塩の甘みを感じるのがイイですねぇ
次回は肉じゃがと焼き鯖とかの一品の組合せと七城米の白飯でオーダーするかなぁ
チャンポン550円
s-tyanpon.jpg

s-tyanpon1.jpg


道の駅七城メロンドーム
熊本県菊池市七城町岡田306

スポンサーサイト

北の麺蔵

今日はいつもお世話になってる若き女性のSEさんと北の麺蔵に久しぶりに来店してみました。
メニューのなかにランチセットが増えてるようです。席に案内されて今日の北の麺蔵ランチセット
750円の日替一品はトンカツですと女性が大きい声で言うのでハイ!と二人とも即!それでと
返事してしまいました。
味噌、醤油、塩のラーメンからチョイスできるようなので味噌を選んでオーダーする。
ラーメンが出てくるまで旅行好きなSEさんとスイス、オーストラリア、カナダなどお互いに行った
ことのある珍道中話で盛り上がる。そういえば久しく飛行機に乗ってないなぁ(゜_゜)
来月にも青い海に向かって飛んで行くかなぁ~

s-北の麺蔵1

テーブルに置かれた北の麺蔵ランチセット
味噌ラーメン、小ごはん、トンカツ、餃子と凄くボリュームがありカロリーが高いセットに勢いで
オーダーしたことを反省する。
s-R0012703.jpg

今までと変わらない容姿ですが食べてみるとスープの味噌味が単調な感じというかコクが薄くなり
従来より旨みがスポイスされてる食感です。
s-R0012702.jpg

弾力のあるちぢれ麺(西山製麺所)にモモチャーシューです
s-R0012704.jpg

トンカツは皮が厚く身が薄い奴なので恐らくチン!でしょうねぇ
カツといえば福岡朝日ビルの地下にある「かつ亭」の厚肉がちょっと甘くて、少し脂身もついてる
のが好みです。まぁ、コレは値段からいってオマケとして考えました。
s-R0012701.jpg


北の麺蔵
福岡市博多区板付2-2-3 
11:00~22:00
火曜定休

だって虫だもの

飛んでイスタンブール~♪
蜃気楼でも 真昼の夢でも
フェアリー・テールでもよっかけん
仕事をほっぽらかして
第1回くまもとラーメン博に
飛んで行きます!

s-マメヒラ


第1回くまもとラーメン博
5/24(土)、25(日)の2日間『グランメッセ熊本』
参加店は
味千拉麺(熊本市水前寺)
亜和麺(熊本市下通り)
えぼし家(植木町)
九州ラーメン党(益城町)
黒亭(熊本市二本木)
めんきち(熊本市健軍)
桂花(熊本市花畑町)
桂仙らーめん(城南町)
黒龍紅(熊本市春日)
支那そば北熊(熊本市楠)
桑庵(八代市)
龍の家(熊本市桜木)
いっぷくラーメン(熊本市田迎)
大黒ラーメン(熊本市高平)
大輪(玉名市)
桃苑(玉名市)
好来ラーメン(人吉市)
うしじま(熊本市立花)
文龍(熊本市東本町)
マグマ食堂(南阿蘇村)
丸新ラーメン(山鹿市)
中々(熊本市下通り)
大金豚(熊本市坪井)
元帥(熊本市山室)

以上 24店舗
24日は 10:00~19:00
25日は 10:00~17:00


入場無料で ラーメンは
\650均一(当日)

そら豆

今日の収穫はそら豆。
これを焼いて食べるのが旨い!とです。
s-そら豆

トマトも順調に育ってます。害虫を撤去するのに時間をとられる
s-トマト

グリーンピース
s-えんどう

じゃがいもの花はナス科だからナスの花に、さつまいもはヒルガオ科だから朝顔の花に似てる。
品種によっても花の姿色が違います。これはメークイン
s-じゃがいもjpg

やはり動いて汗をかいた後には仲間とコレです。ツマミはモチロン焼きそら豆!
一緒に写ってるのは仲間が持ってきた破竹を同じように軽く焼いたもの。ビール最高!
s-そら豆2


s-ビール

県境ラーメン

これは先日の大牟田ツアーでの訪問店を決める為の事前リサーチで行った店の一つです。
県境ラーメン 名前の通り福岡県の大牟田市と熊本県の荒尾市の県境にあるラーメン屋なのである。
炭坑が繁栄してた頃には炭坑住宅があっちこっちにあり、その界隈にはたくさんの食べ物屋がありました。
この県境ラーメンは1977年からラーメンを出し始めましたが昭和30年代には回転饅頭が売りで行列ができる店として繁盛してました。(今も回転饅頭は有ります)特に周辺にはパチンコ屋が羅列してあったので食事に来る客が多かったのも要因だったようです。
しかし、炭坑住宅が全て無くなりパチンコ屋も今年の3月まで頑張っていた最後の1店舗も閉鎖して食べ物屋も激減して寂しい町並みになってしまいました。
スープですがコク薄くて旨かった30年前のラーメンを復元して欲しいなぁと思いながら焼きニンニクを途中から加えて最後まで一人ポツンと食べました。

s-県境2

s-県境1

s-県境4

s-県境3


県境ラーメン
熊本県荒尾市四ツ山町2丁目14-16
営業時間は気分と体力しだいのようで要注意です

行徳家

今日は非トンコツ味が食べたくて野間にある行徳家に行くことに。
再オープンしたての頃に食べて以来ですがメニューに油そばなどが追加されている。
注文人気一番の塩ラーメンを前回に続いて頼みました。
これは旨くなってますねぇ
スープは大牟田でオープンしたてころの輪喰を思い出させるものがあり後味に酸味を
わずかに感じとれる柚子が良いアクセントになってます。
麺の食感もプチ平打ちでスープとの相性ともよくモッチりとしたもので好きな感触です。
昼タイムには100円プラスで餃子3ヶに小ご飯が付いてました。
あと、雨降りに来店すると小ご飯が無料で頼めるとか、近くの有料駐車場に止めた場合は
領収書を持ってくると100円バックするとかのサービスも始まってるようです。

s-P1000249.jpg

s-P1000247.jpg


行徳家   塩ラーメン680円    
福岡市南区野間4丁目4-35

日の丸ラーメン

いつもいつも胸の中のラーメン屋に新しいメニューが掲げてありました。
濃厚な味というラーメンが連休明けに登場するようです。
数値にて濃度比較すると11が15になるくらいに濃くなるとのこと。楽しみ、楽しみ~

s-IMGP1757.jpg

s-IMGP1762.jpg

チャーシューが、麺道隊の一番偉い人(駄馬?)の意見から燻製から煮込みタイプに変更されてます。

s-IMGP1763.jpg


荒尾市野原1272-1 野原ビル1F ラーメン400円 替玉150円
日の丸ラーメン

椎茸

夜も仕事が忘れられないほど多忙な毎日だったが終わりが見えてきたので今日は収穫が遅れてる椎茸を腐る前にと採りに行くことに。
トマトも順調に花が付いてます。
s-IMGP1672.jpg

きゅうりの葉っぱにはカミキリ虫の仲間が美味しそうに食事中のようだったが、この場所から退いてもらいました。
(シグマ前玉ハズしのレンズにて撮影)

s-IMGP1747.jpg

椎茸ですが・・・・・・
血液中のコレステロール値を下げる効果
血液中のコレステロール値を下げる働きを持っているそうです。これは高血圧や動脈硬化の予防にきわめて有効ですね。これは椎茸に含まれる「エリタデニン」という物質がコレステロールの代謝回転を促進し、体外に排出してしまう。ある実験によると、毎日90gの生しいたけを1週間食べ続けただけで、血清コレステロールが1割前後も低下したそうです。
抗ガン作用
これは椎茸に含まれる「レンチナン」という物質のおかげです。この「レンチナン」という物質は抗ガン剤として売られているそうです。 100gの椎茸の中にどれくらいのレンチナンかというと金額にして約30万円分入ってるだとか・・・・・・
だが、以上のことは聞きかじりのことを書きましたので真偽はわかりませんので信用しないでください。

s-IMGP1682.jpg

早速、昼ご飯にコールマン鍋を使って椎茸入り団子汁を作ってみました。
s-IMGP1735.jpg

大好きな生椎茸の簡単レシピを書き留めておきます。
~* 生しいたけのオリーブオイル炒め *~
<材料>
生しいたけ
オリーブオイル
ガーリック(スライスorすりおろし)
塩こしょう
<作り方>
1. 生しいたけは、石づきのかたい部分だけを除き、
 石づきも含めて半分に切る。
2. フライパンにオリーブオイルとガーリックを入れ、
 火にかける。
3. 生しいたけを加えて炒める。
4. 塩こしょうで味をととのえる。

やはり動いて汗をかいた後にはコレですねぇ
s-IMGP1712.jpg
プロフィール
主に福岡地方(福岡市、筑後方面)の麺主力の食べ歩きのブログです。

あたし

Author:あたし
あたしのログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。