スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

竹下 来々軒

JR竹下駅の近くにある中華食堂の来々軒です。
この名前をみると滋味系のラーメン屋かなぁと思うほどアッチコッチの町で
食べてるように思います。
3日前には大牟田市橘にある来々軒、北九州麺ツアーのとき、それに先月末
には大川市の来々軒とこの一ヶ月だけでも3軒でラーメンを綴ってます。
さてと、ここには今まで何度か訪問していますが近所にあった「一公」「豚珍館」と
相次いで閉店してしまったので通う回数が増えています。
ラーメンはトンコツあっさりで庶民的な味です。時々、ちょっと酸っぱさがあるのに
出くわすことがありますが許容範囲です。
好きなのはラーメンもやし入り((450円)で、もやしの白く太めでシャキシャキ感
がある茹で加減が良いのでお勧めかなぁ!

ところで店は初老夫婦でやりくりされてますが、白髪の店主と奥さんとのやり取りが
「一公」に似てるというか・・・・・じぃちゃんがんばれ!

s-P1000026.jpg
s-P1000028.jpg
s-P1000027.jpg

ラーメン420円
福岡市博多区竹下4-17-3

スポンサーサイト

北九州麺ツアー

どうもご無沙汰です。
めっきりと夜は凌ぎやすくなりまして酒の「十四代」とか「繁枡」を片手に
騒がしくも美しい虫の音であるエンマコオロギ、アオマツムシ、カネタタキなどのコーラスに
酔い痴れながら科学雑誌「Newton」とか読みあさってたものでネット不通でした。

先週ですが恒例になった北九州麺ツアーに参加しました。
博多駅の新幹線乗り場にて予想家としては通算4度パーフェクト予想を達成した
「競馬の神様」である大川 慶次郎の生まれかわりだという人に拉致される。
s-R0013298.jpg
↑しかし、本当にこの日は連続的中でジュセリーノもビックリ状態でした。

まず1軒目は八福
出てきたラーメンにはシッカリと胡椒が振りかけられている。
味はなんとも滋味でアッサリ豚骨に胡椒が効いたものです・・・さすがに黄昏隊長お薦めです。
こんな昭和を感じさせる店内のテーブル対面には複勝コロガシ伝説のカズさんが座ったんけど、
どうせなら東原亜希がよかったなぁ~酒をゆっくり飲み交わしながらアレやコレなどバカ話して勘定を
すませて外の海風が吹く戸畑岸壁へと寅さんとリリーのように散歩したい雰囲気にかられる店です。
残念ながら八福にはアルコール類は一切ありません!!
ラーメンも350円と昭和のまま。
s-R0013301.jpg
s-R0013303.jpg
s-R0013304.jpg
 北九州市戸畑区銀座2-1-18
 営業時間:11:00~19:30
 休み:日曜日・祝日

次は桃園
ここも滋味なラーメンでしたけど麺はもそっとした好きな食感でしたがチャーシュはイマイチでしたが、
ラーメン420円とこちらも安い。
s-R0013309.jpg
s-R0013305.jpg
s-R0013310.jpg
北九州市八幡東区枝光本町6-9
営業時間:11:30~19:30
休み:日曜日

3軒目は来々軒
北九州には同じ名前で6店あるとのことですが紺屋町店?
大牟田にも来々軒は2件あるし頭に第一、第二とか冠が付いてるラーメン屋もありました。
(第二は閉店)
>続く

s-R0013313.jpg
s-R0013314.jpg
s-R0013325.jpg
s-R0013326.jpg
s-R0013340.jpg
s-R0013344.jpg
s-R0013346.jpg

北九州麺ツアーの帰りにですが途中下車して久留米駅にて知人Tさんと待ち合わせ。
最近、筑後川でシーバスの大物があがってるとのことで釣行するが午前0時前に1尾だけGetして
午前1時過ぎまで粘るが釣れないので諦めて車で大牟田へと帰りましたが、後でカズさんのブログを見てビックリ!!
まさかの北九州麺ツアー三次会をヤブ蚊相手に大牟田への帰り道である瀬高駅で一人でやってたと
いうことでしたのでコレには参加したかった(笑)
s-スズキ
プロフィール
主に福岡地方(福岡市、筑後方面)の麺主力の食べ歩きのブログです。

あたし

Author:あたし
あたしのログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。