スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロシアンルーレットレンズ(JUPITER-9 )

今日は風邪気味で寒くもあり一歩も外に出なくて30年前に購入したロシア製レンズの
調整をやって過ごしてました。
これは当時としては格安で手に入る明るいレンズだったので即、購入したのですが届い
たレンズを見てガッカリしたのが、このJUPITER-9でした。まず、レンズ玉が今まで見た事
がないスッピンでコーティング(乱反射とかを防御)が無いものでしたのでチャチに見え、
撮影しても芯がなく、ピントも甘かったので一度使ってお蔵入りしたレンズです。
購入した店へ問い合わせたらロシア製は当たりハズレがあるとのことで満足できるのは
10本位買わないとダメとかの対応にロシアンルーレットレンズと叫んだものでした。
それが北九宴会で初めてお会いした百鬼丸目線のブログをやっておられる太助さんと
話してるときに、このレンズ使って撮影したものをブログにあげてますとの事でしたので
早速に拝見させて頂くといい感じの写りだったので押入れから引っ張り出してきたのです。
それで掃除もかね分解して調整らしきものを試みました。
で、テスト撮影ですが寒いので外には出たくなかったので、無農薬ほったらかし蜜柑(笑)
とかを使って撮影してみました。

85mm F2 (ソフトな写り)
s-mikan.jpg


85mm F5.6 (芯がある)
s-j9f81476.jpg

結果は良くなって使えるレンズになったようです。
でも、このレンズは本当に面白いです。絞りを変えることによって劇的に描写が変化します。
もちろん他のレンズだって描写は変わりますが、ここまでなのはなかなか無いかも…
まるで違うレンズのようです。
しばらくはハマってるでしょうねぇ^^;

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

このレンズを持ってますが後期型(96年製)なの
でMCはかかってますが逆光には弱いですヨ。
トロンとした写りは現在のレンズでは撮れないから
重宝して使いこなしてみてください。

こんばんは
前回アップされたときにコメントしようと思ったら
既に消えており、ビックリしましたがレンズの調整をされていたんですね。
私も先週このレンズで花を撮ってみて、倒れそうになりました。
猫を撮ったときはなかなか良かったのですが、花はゼンゼン駄目でした。
今週末にでも再チャレンジしてみようと思っています。

tatuさん、太助さんへ
レンズの奥深さを知らしめるJUPITER-9ということですねぇ
アンダー気味に撮らえられたものに素性の良さが出てくるような
気がしますので、その方面へとチャレンジしてみます(笑)←怪しい

,

蜜柑の立体感ある感じが良かなぁ~



管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

湯布院の蕎麦屋さんへ
立体感・・・っかトロンとして甘い食べごろ!の桃尻を期待してるだろ?(笑)
プロフィール
主に福岡地方(福岡市、筑後方面)の麺主力の食べ歩きのブログです。

あたし

Author:あたし
あたしのログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。